図1.jpg

2プレートタイプと3プレートタイプの違い




プラスチック射出成形用の金型構造には大きくわけて2つのタイプが存在します。


・2プレート金型 ・3プレート金型

射出成形金型とは→




基本、射出成形用金型は射出成形機に固定される固定側 と 金型開閉時に可動する可動側 の2つに分割されます。この一番シンプルな構造の金型を2プレートタイプの金型と言います。


3プレート金型は、固定側と可動側に加えて、ランナーを取り出すために固定側にランナーストリッパープレートが存在する構造になっております。主にゲート方式がピンゲートのときに採用される構造です。







■2プレートの金型構造



①固定側取付板:成形機の固定板に取り付けるためのプレートです。


②固定側型板:金型の製品部分を構成する主要プレートです。キャビ側とも言います。


③可動側型板:金型の製品部分を構成する主要プレートです。コア側とも言います。


④スペーサーブロック:可動側型板と可動側取付板の間に取付けられ、突出し動作をするためのスペースを確保するためのブロックです。


⑤エジェクタプレート上:成形品を金型から押出すために動作するプレートのことです。エジェクタピンやリターンピンを固定する必要があるため必ず上下セットになります。


⑥エジェクタプレート下:成形品を金型から押出すために動作するプレートのことです。エジェクタピンやリターンピンを固定する必要があるため必ず上下セットになります。


⑦可動側取付板:成形機の可動板に取り付けるためのプレートです。




ゲートの種類について→







■3プレートの金型構造



3プレート金型は、固定側と可動側に加えて、ランナーを取り出すために固定側にランナーストリッパープレートが存在する構造になっております。主にゲート方式がピンゲートのときに採用される構造です。


3プレート金型の大きな特徴として、成形品としてランナー(不要な部分)が自動で切り離されて取り出されることです。




①固定側取付板:成形機の固定板に取り付けるためのプレートです。


②ランナーストリッパープレート:ランナーを製品と切り離すためのプレートです。


③固定側型板:金型の製品部分を構成する主要プレートです。キャビ側とも言います。


④可動側型板:金型の製品部分を構成する主要プレートです。コア側とも言います。


⑤スペーサーブロック:可動側型板と可動側取付板の間に取付けられ、突出し動作をするためのスペースを確保するためのブロックです。


⑥エジェクタプレート上:成形品を金型から押出すために動作するプレートのことです。エジェクタピンやリターンピンを固定する必要があるため必ず上下セットになります。


⑦エジェクタプレート下:成形品を金型から押出すために動作するプレートのことです。エジェクタピンやリターンピンを固定する必要があるため必ず上下セットになります。


⑧可動側取付板:成形機の可動板に取り付けるためのプレートです。





ゲートの種類について→



スプルー・ランナー・ゲートの役割について→






製品形状やゲート方式によって必然的に金型構造は決まってくることは多いですが、生産計画や製品品質の観点からも重要な要素になってきますので慎重に選定する必要があります。