機械構造用鋼の化学成分について【中身を知れば違いがわかる】






<目次>

  1. 特殊鋼って?

  2. 化学成分によってさまざまな種類が!

  3. 機械構造用炭素鋼(S--C材)

  4. 機械構造用合金鋼

  5. 他にもこんな材料の化学成分も








特殊鋼って?




どうやって作られている?鋼材の製鋼工程





特殊鋼の基本元素は、C、Si、Mn、P、S、の五元素からなっています。この五元素に特殊元素のCr、Mo、Niなどが入った鋼材を合金鋼と言う。



炭素鋼にCrまたMoの特殊元素が入っていようが、炭素量が同じであれば、焼き入れの硬さは変わらないが炭素鋼では得られない、粘り強さ、硬さ、耐磨耗性、引張強度などが増すために利用されています。



また、鋼材が大きい(厚みが厚く)と炭素鋼では充分に焼きが入りにくいので特殊元素を入れることで焼入性(焼きが深く入る)が増すので利用したりもする。









化学成分によってさまざまな種類が!