図1.jpg

新型iPadProでモノづくりが変わる?






<目次>

  1. 待望の新型iPadProがついに登場!

  2. 3DCADがサクサク使える!iPadPro

  3. 知ってる?Microsoft Officeが使えるiPadPro

  4. こんなに楽していいの?メモ・ノート、会議の議事録

  5. こんなの当たり前!デザインを書くならiPadPro

  6. iPadProがあればノートPCがいらない?

  7. クラウドストレージでデータ共有が容易

  8. 製造業でタブレット端末は必要!?








待望の新型iPadProがついに登場!



新型iPadProはこちら




2021年4月21日(日本時間)についにiPadProが発表されました。M1チップ搭載とノートPCとの差が無くなってきている印象を抱きました。筆者としては待ちに待ったiPadProの登場。個人的には興奮が止まらないのですが、ものづくりの現場でどれだけ活躍できるのか?



他製品や旧バージョンと比較しても製造業でつけるかどうかにはならないと思いますので、今回は特に比較はせず、製造業で使う上でのメリットをご紹介します。




3DCADがサクサク使える!iPadPro



新型iPadProはこちら




M1チップを搭載したことで劇的に操作環境が変わる可能性があります。よほど重たいデータの作業をしないかぎりiPadProで十分対応できるのではないでしょうか。



ただ、こればっかりは使ってみないとわかりませんが筆者は非常に期待しています。打合せ時に起動の遅いノートPC、iPadでは即座に使えるのもいいですね。このあたりバッテリーの持ちは非常にいいのでノートPCよりはiPadですね。



まあ、どれだけ重たいデータをストレスなく編集できるかがポイントになってきますが、打合せで使う分にはおそらく問題ないと期待しています。




知ってる?Microsoft Officeが使えるiPadPro



現在のMicrosoft OfficeはiPadに対応しており快適に動作できます。以前は対応していなかったので操作性や動作に不満が残りましたが現在は快適に作業できます。



これはやはりWindowsPCが多いのでかなり大切なことだと思います。やはり、Microsoft Officeが使えないから仕事でiPadは、、、とかってあったと思います。



でも使えるんなら気にすることないですよね。ただ、使えるようになってるだけなんですけど、、、それだけiPadの魅力があるってことですよね。




こんなに楽していいの?メモ・ノート、会議の議事録



新型iPadProはこちら



Apple Pencilと組み合わせて使うことでノートがいらなくなります。書きご心地はもう最高です。そこにストレスを感じることはほぼありません。



たくさんのレビューのなかでメモ帳がいいとかノートの方がいいとかありますがiPadを使ってメモを取ることになれれば、全然気になりません。むしろ、その後のメモや議事録の活用するには断然iPadが有利です。



結構、会議の後ってめんどくさかったりしますよね。




こんなの当たり前!デザインを書くならiPadPro



これはもうiPadが必要でしょう。iPadProの一択ですね。本格的にデザインする方は何も言わずともその必要性を理解されているかと思います。



ちょっとしたイラストを描いたり図や絵の挿入、打合せ時に図や絵で説明。手書きツールにはiPadProはなくてはならない存在です。



デザインって製品のデザインだけじゃなく、ホームページ等でも必要ですよね。今は自分でホームページを作る時代ですから余計に必要になってきますよね。




iPadProがあればノートPCがいらない?



安いノートPCをご検討されている方は、ぜひ、iPadProの導入を考えてみてください。今回の新型iPadProはその性能から1台ですべてを網羅できる可能性があります。



安いPCでできることのほとんどはiPadProでできます。さらに手書きツールも活用すれば、仕事のほとんどはiPadProで完結します。



打合せにノートPCにノートや図面を持ち込む、、、それらすべて、iPad1台で十分対応できます。




クラウドストレージでデータ共有が容易



デスクトップとの併用にもってこいの今回のiPadPro。クラウドストレージを使えばデスクトップとのデータ共有がスムーズで出張や打合せ等でデータをすぐに使えたり、打合せの内容をすぐに共有できたりとiPadProの存在がより有意義になります。




製造業でタブレット端末は必要!?



iPadというと製造業とはかけ離れたイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、そんなことはありません。むしろこれからの製造業はこういったタブレット端末がより活躍できる時代になってくるでしょう。また、タブレットを使うことになれれば現場で手書きツールが使えるiPadを使うことも可能です。その場合は高価なiPadProである必要はありませんが。



「生産性向上」、、、みなさんが日々取り組んでおられるこの言葉。生産性を向上するためにやらないといけないことが増えていませんか?そういったものって事務的なことが多くないですか?



事務的なことに時間をとられ、肝心要のものづくりに時間をさけない。生産性が上がってもそれでは本末転倒ではないでしょうか?よりものづくりに専念できる環境を作るためにも、ぜひ検討してみて下さい。



ちなみに筆者は、iPadPro256GBを買うつもりで財布とにらめっこ中です。笑