射出成形金型とは






<目次>

  1. 射出成形金型って?

  2. 何度でも同じものをつくれる!製品を模った金属の型

  3. 地味だけど、大切なランナーの設計!

  4. アンダーカット???

  5. どうやって取り出す?成形品

  6. 材料で変わる!金型性能








射出成形金型って?




射出成形金型とはプラスチック製品を製造する射出成形に用いられる金型のことです。



射出成形とは主に金型という金属の型に加熱して溶かしたプラスチックの材料を流し込んで高圧をかけ冷却して固めることで製品を成形する加工方法です。









何度でも同じものをつくれる!製品を模った金属の型




射出成形で作られる加工物には大きくわけて成形品となる製品部とランナー部(製品まで流れる経路)の2つに分類できます。




ランナー部は基本的には成形品としては不必要なため捨ててしまうのですが、その処理の仕方やゲート方式(注入方式)で大きく構造が変わります。