射出成形の成形不良について




<目次>







射出成形の成形不良にはどんなものがあるのか?




射出成形においてさまざまな要因よって成形品に悪影響を及ぼす現象が発生します。ショート、フローマーク、シルバー、ウェルドライン、ボイド、ヒケ、焼け等、原因をしっかりと見極めないと問題は解決しません。



今回は射出成形でよくみられる事象についての原因と対策を合わせてご紹介します。









ショート(充填不足)




ショートとは金型キャビティに完全に充填されていない不完全な形状となる現象。原因としては出成形機の射出容量不足や可塑化能力等、他には成形材料の流動性の悪さ、ゲート断面積の小さすぎることや、成形品の肉厚の薄さなどがあげられる。またガス逃げ不足によっても発生する。



対策として、成形機としては成形材料の射出容量を増したり、射出圧力を高く、射出速度を早める。シリンダー温度の設定点を高くすることでも流動性が良くなり良化する。



他には逆流防止弁付のスクリュー を取付ける。ヒーター断線がないか確める。ノズルづまりがないか等があげられます。