合金とは「Alloy」-アロイ-



合金とは複数の金属元素の集まりのことを言います。互いの元素の弱点を補いながら長所を活かす、まるで私たち人間と同じですね。良いチームは互いに活かしあい素晴らしいパフォーマンスを発揮しますが連携の悪いチームだとたとえ個人が優れていても結果はついてきません。たくさんの個性が調和した素晴らしいチーム、それが「合金」です。ちなみに合金は英語で「Alloy」アロイと言います。



それでは早速どんな合金があるか紹介しましょう!


①鋼


②アルミニウム合金


③銅合金


④超硬合金


⑤ニッケル合金


比較的使用頻度が多いものはこんなところだと思います。




ではでは、一つづついきますよ。





①鋼 「HAGANE」


合金といえば「HA・GA・NE」、鋼といえば合金と言うくらい、まさにキングオブ合金「KOG」はこの材料です!

鋼は鉄をベースに微量の炭素が含まれるもののことを言います。ステンレスもこの鋼の一種になります。品種が非常に多く、多種多様な場面で使用されています。





→鋼-HAGANE-





②アルミニウム合金


次はアルミニウム合金。アルミニウムは非常に軽い!軽くて丈夫な材料のためさまざまな分野で使用されています。車はたくさん使ってますね。あと飛行機なんかも。軽量化って言ったらほぼ間違いなく鋼材からアルミニウムに材料を変えていることが多いです。車の燃費向上なって言ったらアルミニウムを使いまくってますよ。ただ、これにはデメリットもあってやはり鋼材に比べると強度が弱いのです。言い方を変えれば加工がしやすいというメリットにもなるのですが使用用途とコストを考え選定には十分な検討が必要です。ちなみにジュラルミンっていうのもアルミニウム合金の一種です。



→アルミニウム合金とは?





③銅合金