プリハードン鋼とは?【JIS規格にない!?】






<目次>

  1. プリハードン鋼とは?

  2. プリハードン鋼のメリットとデメリット

  3. 硬さを求めるならプリハードン鋼?








プリハードン鋼とは?




プリハードン鋼とは、あらかじめ中程度の硬度に熱処理をした鋼材のことを言います。プラスチック金型業界では非常によく使用されますが、メーカーブランドの鋼材でJIS規格にはなく、HPM・NAKなどといった商品が有名です。



鋼材メーカーによってさまざまで、細かな特性などもメーカーによって違いがあります。



プリハードン鋼の多くは、HRC(ロックウェル硬さ)が40程度の硬度に調整されており、機械加工が容易で、また、加工後の熱処理等も必要ないのが特徴です。





■プリハードン鋼の特徴と代表例


HPM1,HPM7,HPM-MAGIC,PXA30NAK55,NAK80,G-STAR,S-STAR,DH2F,GO40F,STAVAX(H)の特徴(日立金属)(大同特殊鋼)(ウッデホルム)


プリハードン鋼
.pdf
Download PDF • 89KB