プラスチック用金型材料の材質は?






<目次>

  1. 金型に使われる材料とはどういったものでしょうか?

  2. どんな金型材料を選定すれば良いのか?

  3. 目的の部品・部位でその材料も変わる!








金型に使われる材料とはどういったものでしょうか?




プラスチック用金型に使われる金型材料は一般的には鋼材が使われます。








鋼材とは、高い弾性・靭性を持ち、動的強度に優れ、さらに熱伝導率の良さも特徴です。


鋼材は金型材料として非常に優れていますが、金型以外の機械設備や工業製品にも使用される非常に優秀な材料です。




プラスチック用金型では工具鋼がよく使用されますが工具鋼の主な化学成分は炭素(C=Carbon)、ケイ素(Si=Silicon)、マンガン(Mn=Manganese)、リン(P=Phosphorus)、硫黄(S=Sulfur)、クローム(Cr=Chromium)、ニッケル(Ni=Nickel)、モリブデン(Mo=Molybdenum)、タングステン(W=Wolfram)、バナジウム(V=vanadium)、コバルト(Co=cobalt)などが含まれています。